メヘンディ東京・インドアラブ専門店ジジ!ボディアート部門
ジジ!神楽坂サロン最新情報メヘンディ(ヘナタトゥ)講座 ボディジュエリー講座 エアブラシ講座ペイント講座雑貨制作講座ギャラリー
 社)日本ボディアート協会サークルブライダルマタニティ撮影プランTV取材出版物講師依頼 アクセスリンクお問合せ

ブライダル・メヘンディ(Bridal Mehndi )とは?

 

インド~アラブ~北アフリカ地域では、現在でも、結婚式には伝統的に、
メヘンディ(ヘナによるボディペイント・アート)をすることが盛んです。

当地では、花嫁・花婿だけでなく、式に列席する者たち(主に女性)も
メヘンディを施して参加することが多いのですが、 古くは魔よけの
意味合いがありました。よって縁起のよい結婚式にはよく施されたのです。

現在ではその理由付けはあまり気にされていませんが、慣習として残り、
ファッションの一部として、綺麗に染め上げた手で参加する事が多いです。

染まるまでに時間がかかることから、結婚式の初日(数日かけて結婚披露
パーティを行う習慣があるので)を、「メヘンディ・パーティ」と称して、
式の準備としてメヘンディを皆に施す日にあてることもあります。

完全発色には、個人差もありますが、大体48時間程度かかるため、
大事な儀式の前々日位に施して置く事が好ましいです。

ところで、ヘナの生息地域は、大きくはイスラム教とヒンドゥー教の
エリアに別れ、宗教がデザインに影響します。

イスラム教徒の場合、 動物柄を描くことは好まれません。
植物幾何学文様のみとなります。
勢い、流れるようなデザインとなり、それらは“アラビックデザイン”と
呼ばれています。それに対して、“インドデザイン”という言葉があり、
隙間をびっしりとつめつくすような独特なデザインで、長靴や手袋を
はめているように見えるようなものがそれです。

ブライダルメヘンディ

ブライダル・メヘンディやブライダル・ボディジュエリーの施術について(完全予約制)

★ご希望の方には、ブライダル・メヘンディやボディジュエリーの施術をさせて頂きます。

 
メヘンディの場合の施術は、挙式(又はパーティ)の2日前に行います。(発色が、2日後位から最も濃く綺麗に出るため)
 
ボディジュエリーの場合は、挙式当日でも対応可能です。(ヘアメイクさんの入る時間に一緒に入らせて頂き、同時進行させて頂く感じで)
 なお、ボディジュエリーについては、リハーサルをお勧めしております。着用予定のドレスの写真などを参考までにいただけると助かります。
 部位は通常、手~デコルテにかけてが多いです。大きさ、細かさなどでご予算が変わりますが、出張費込みで、 大体5千円~3万程度まで幅があ ります。(インド・アラブ民族衣装ジジ!のレンタル衣装をご利用の方には、割引優待制度有り
 事前に、詳細についてご説明と打合せを致します。お気軽に、ご相談下さい。

施術の例として(結婚式やベリーダンスのステージなど)